薬剤師の給料面の待遇状況

薬剤師の資格を持っている方はよくご存知でしょうけれど、薬学部が6年制となったことにより、今後薬剤師求人の状況は変化していくものと想定されています。

給料の面では、従来から総合病院に勤務する薬剤師と、調剤薬局やドラッグストアーに勤務する薬剤師の間では給料に開きがありました。
これは総合病院に勤務する薬剤師の多くが当直勤務が必要だったり、残業が多いために労働時間が長くなる傾向があったためで、兵庫でも総合病院に勤務している薬剤師は比較的高収入が約束されています。
当直勤務がなく、残業もほとんどない調剤薬局に勤務する薬剤師の給料についても、医療に関わる国家資格を取得しているという背景があるため、初任給で比較すると一般企業に新卒で就職する人と比較するとかなり給料面では恵まれているといえるでしょう。
薬剤師は人出が不足していますから、いつでも転職が可能というのはメリットです。
女性にとっては子育てで退職しても再就職が容易であることも利点でしょう。